マガジンのカバー画像

Schooメンバー紹介

21
様々な価値観や背景を持つメンバーに、Schooを選んだ理由やSchooで挑戦したいことを聞きました。
運営しているクリエイター

記事一覧

看護師からスタートアップの法務へ。異色のキャリアチェンジを叶えた「学びの心得」と…

一人ひとりが自律的にキャリアを築き、人生を豊かにしていく時代が到来しています。スクーのメ…

学び手が「先生を選べる」ことにこだわりたい━━学生時代の違和感から「学びたい人が…

平泉さんの目標は、「学びたい人がいつでも等しく学べる場」をつくること。自身は学生時代に恩…

常に意識するのはゴールからの逆算——全体最適のマネジメントで、新CTOが組織のバリ…

2024年4月、さまざまな企業の技術的な課題解決に注力してきた加藤彰宏さんが、技術顧問を経て…

日本企業に学び合いの文化を。人材育成に特化したCLOの目指す自発的学習組織づくり

2022年4月1日、SchooはCLO(チーフ・ラーニング・オフィサー:最高人材育成・組織開発責任者)…

変化の時代の生存戦略は学び続けること、私が越境転職を決めた理由。

本日、スクーの新CCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)に、滝川麻衣子が就任したことを発表…

「文化をつくる」にこだわりたい━━世界初の検索広告に携わった経験から挑む、学びが…

スクーでは、これまでさまざまな場所でキャリアを積んできたメンバーが多く活躍しています。 …

持続可能な地場産業を生み出したい——夢の実現に向け、社内でキャリアを切りひらく|中村 栄司【Schoo新卒インタビュー vol.3】

幼少期から漁業に慣れ親しんできた中村さんの夢は、「持続可能な水産業を実現するための新しいサービスを創る」こと。大学時代の学びを通して世界が広がった経験から、学びの価値を漁業に携わる人々にも提供することで、それぞれの人生の選択肢や水産業自体の可能性を広げたいと考えています。 入社から3年間は「Schoo」の生放送授業の企画・制作に携わり、4年目からは法人向けオンライン研修サービス「Schoo for Business」の新規営業に挑戦している中村さん。将来の目標とスクーを選ん

マネージャーになって「学び続ける組織」の広がりを加速させたい|大野 桜【Schoo新卒…

新卒でスクーに入社した大野さんの願いは「子どもたちが前向きに学べる社会にすること」。学び…

強みは「人と向き合うのが好きなこと」━━文科省・コンサルを経て、スクーで実現した…

スクーでは、これまでさまざまな場所でキャリアを積んできたメンバーが多く活躍しています。 …

誰もが人生を諦めずにいられる社会を目指して。人と人とを繋げる事業を企画したい|岩…

21卒岩田さんの願いは「環境や出自などの過去に縛られずに、何度でも人生をやり直せる社会を創…

当たり前に「学び」を共有する社会を目指して━━20年コミュニティに向き合ってきたPd…

スクーでは、これまでさまざまな場所でキャリアを積んできたメンバーが多く活躍しています。 …

カウンセラーの経験が人事の仕事に活きる。オンリーワンのキャリアを拓いた「学びの掛…

「人生100年時代」を迎える中、一人ひとりが自律的にキャリアを築き、人生を豊かにしていく時…

デンマークで痛感した日本のプレゼンス低下。地方の可能性を解き放ち、日本をもっと元…

埼玉県に生まれ育った円谷さんは、留学経験のあるお母様の影響で、幼少期から海外の人々や文化…

外資系キャリアの中で芽生えた日本人としての矜持。学びの提供で日本の未来を照らしたい。|和田 由可

幼少期にマレーシアでの暮らしを経験し、日本企業や日本人が国際社会で放つ存在感の大きさを肌で感じていたという和田さん。社会人になってからは外資系の経営コンサルティング会社と事業会社を経験してきました。ビジネス知力を高めつつ「日本流」にとらわれない働き方やキャリアの築き方に馴染む一方で、生まれ育った日本という国への客観的な視線は常に持ち続けていたそうです。 そんな和田さんだからこそ、近年の日本の国際的プレゼンスの低下に対して「悔しい」という感情が湧くのだと言います。 「学びの